歌舞伎町プロジェクト 林原第5ビル

この建物の一見複雑で多様な形態は、単純な方形の主空間と、厳密に構成された互いに関連する縦空間である建築的エレメントによって表現されている。即ち、主空間であるオフィス部分、縦空間としてのコア部分、そしてグラスハウス(アトリウム)といった3つの部分の構成により成立している。グラスハウスは、地下2階、地中7.5mに沈められたオープンスペースに対して地上約12mの高さから45度に傾斜したガラス壁面で構成されている。このグラスハウスの構造体は、英国のヨット部品メーカーの技術を応用することにより、繊細で精密機械のような独特の構造美を見せている。センター評定を得てステンレス鋼(SUS304)を構造部材として使用している。

  • 所在地東京都新宿区
  • 施主太陽殖産
  • 建築設計Rogers Stirk Harbour + Partners
  • 構造設計梅沢建築構造研究所
  • 主要用途事務所
  • 構造S造、SRC造、ステンレス製張弦梁構造
  • 規模地下3階、地上10階、塔屋1階
  • 延床面積1,757m2
  • 竣工年月1993年5月
  • 施設概要オープンスペース8m×11m
  • 掲載新建築 93年8月号 他