天野エンザイム株式会社 岐阜研究所

構造はフラットな屋根、屋根を吊り下げるアーチビーム、それを支える支柱の3つの要素からなる。エントランスホールを除く4,050m2の屋根にはサンドイッチ折版を採用。最大13mのスパンに対し成が19cm(成/スパン比1/60以下)。アーチビームはφ140mmRODのアーチ材とφ100mmROD2本の下弦材から成る。スパン27m、最大成1.8m。支柱は北側が2本、南側が3本から成り耐震要素となっている。

  • 所在地岐阜県各務原市
  • 施主天野エンザイム株式会社
  • 建築設計Rogers Stirk Harbour + Partners
  • 構造設計梅沢建築構造研究所
  • 主要用途製薬研究所
  • 構造RC造、S造
  • 規模地下2階、地上1階
  • 延床面積6,731m2
  • 竣工年月1999年12月