播磨科学公園都市 光都プラザ(地区センター)

N、S棟はショッピングセンター、W棟は行政サービスセンター。
N棟は梁間25m、桁行40m、階高5mの鉄骨平屋の大きな空間が要求された。そこでスパンを2本の吊り梁で3等分し、長さ25m継ぎ目なしの三晃折板(h=170、T=1.6)の中間2ポイントを吊り下げることで無柱空間を実現した。
桁行方向に5mピッチで配置された高さ10mのマストから屋根を吊り下げているROD(φ40)は、屋根のレベルで建物の外側に張り出した水平の束の先端を通りマストの足下に緊結され自己釣り合い形を作っている。風荷重に関しては屋根が軽くスパンが大きいため、吹き上げを考慮し押えのテンショントラスを上面に配置した。水平方向の風圧、地震力に対しては妻面、桁面に設けたブレースで抵抗している。施工順序は、マストの建て方、屋根の吊り位置に構台を設置して折板建て方、テンション材の結合、ジャッキダウンとなる。

  • 所在地兵庫県赤穂郡上群町
  • 施主兵庫県企業庁
  • 建築設計設計組織ADH
  • 構造設計梅沢建築構造研究所
  • 鉄骨製作緒方鉄工所(W棟)、水善鉄工(N、S棟)
  • 主要用途店舗、行政窓口、複合施設
  • 構造S造
  • 規模N棟地上1階、S棟地上1階、W棟地上2階
  • 延床面積N棟903m2、S棟702m2、W棟2,372m2
  • 竣工年月1997年7月(工期10ヶ月)
  • 総工費6億2千万円(設備除)
  • 屋根三晃折板吊り屋根(N、S棟)
  • 施設概要N棟 25m×40mの無柱空間/S棟 20m×40mの無柱空間/W棟 鉄骨3次元トラス10m×110m