那須野が原ハーモニーホール

演劇ホール、音楽ホール、展示ギャラリー等からなり、コンクリートとガラスの面による空間構成が特徴。2つのホールの屋根の鉄筋コンクリートシェルの躯体防水は我が国では初めての試み。演劇ホールは長径45m、短径37m、コンクリートシェルとφ50mmのRODからなるラティスシェル構造で構成している。

  • 所在地栃木県大田原市
  • 施主大田原市
  • 建築設計CELL SPACE ARCHITECTS
  • 構造設計梅沢建築構造研究所
  • 主要用途劇場、展示場
  • 構造RC造、SRC造、S造
  • 規模地下1階、地上3階、塔屋1階
  • 延床面積6,910m2
  • 竣工年月1994年12月
  • 施設概要コンサートホール1,270席
  • 公開プロポーザルコンペ当選作品
  • 掲載新建築 95年3月号、建築文化 95年4月号、GA JAPAN 13