日本人は有史以来、地震、津波、台風、豪雪、火山の噴火などによる自然災害を絶え間なく被りながらも、
決してこの災害列島を後にすることはありませんでした。
したがって、日本の建築はこれらの災害から命を守る砦としての役割を果たさなければなりません。
建築基準法で「国民の生命、健康、財産の保護のため、最低限必要な基準を定める」とあるのはまさにこの事を指しています。
21世紀になってから、観測史上最大と言われる気象災害が毎年のように見られ、環太平洋地域の地殻変動も活動期に入ったとの見解もあります。
このような時代において、建築の構造設計の重要性は言うまでもありません。
弊社は、この使命を果たす人材を育て、命を守る砦としての建築の研究と実践を続けています。
梅沢良三

梅沢良三 略歴

1944
4月17日群馬県に生まれる
1968
日本大学理工学部建築学科卒業
木村俊彦構造設計事務所入社
1975
1級建築士免許取得(大臣登録 第90202号)
1976
木村俊彦構造設計事務所退社
1977
丹下健三都市建築設計研究所入社
1978
オラン大学監理の為、ALGERIA ORAN 市へ赴任
1983
ALGERIA より帰国
丹下健三都市建築設計研究所退社
1984
株式会社梅沢建築構造研究所設立
1992
湘南台文化センターの構造設計で第33回BCS賞受賞
1995
ユートリヤ(すみだ生涯学習センター)の構造設計で日本構造技術者協会賞受賞
1996
日本建築構造技術者協会建築構造士免許取得(第K8701725号)
1998
和洋女子大学 佐倉セミナーハウスの構造設計で第39回BCS賞受賞
1999
ミニハウスの構造設計で東京建築士会住宅建築賞金賞受賞
2000
鳥取県立フラワーパーク とっとり花回廊の構造設計で松井源吾賞受賞
ソニー・ミュージックエンタテイメント 白金台オフィスの構造設計で第41回BCS賞受賞
2001
渋谷歩道橋(ブリッジ渋谷21)で平成13年度グッドデザイン賞受賞
2003
成城に事務所を移転
2005
熊谷スポーツ文化公園 彩の国くまがやドームの構造設計で日本構造技術者協会作品賞受賞
2008
IRON HOUSEで住宅建築賞金賞受賞
三重県立熊野古道センターの構造設計で第49回BCS賞受賞
三重県立熊野古道センターで第40回中部建築賞入賞
2009
三重県立熊野古道センターで2009年日本建築学会作品選奨受賞
2010
IRON HOUSEで2010年日本仕上学会作品賞受賞
2011
IRON HOUSEで2011年日本建築学会作品賞受賞
2012
三重県立熊野古道センターで公共建築賞(文化施設部門国土交通大臣賞)受賞
等断面集積木材構造で特許取得(特許第5122119号)
社名
株式会社梅沢建築構造研究所
Umezawa Structural Engineers, lab.
設立
1984年
所在地
東京都世田谷区成城2丁目10番13号
電話番号
03-5727-1383
代表取締役
梅沢良三
従業員数
12名